【初心者感想】十月大歌舞伎「松竹梅湯島掛額・喜撰」観劇ーお人形!ー

観劇の感想
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

MACAPUです。超初心者ながらご縁があり、歌舞伎を拝見!

歌舞伎は、おじさんのふんどしが少し苦手なのですが(※ただのおじさんではなく素晴らしき文化人ですが…宝塚ばかり見ているので、どうもね笑)、そんなシーンはなくとっても楽しかったです。

特に尾上右近さんのお人形に感動!

十月大歌舞伎 第三部「松竹梅湯島掛額」「喜撰」

歌舞伎に詳しくないので、事前にお友達から情報をいただき、イヤホンガイドもつけて臨みました♡

スポンサーリンク

松竹梅湯島掛額ー右近さんすごい…ー

お話は、簡単に言うとお七(尾上右近さん)が想い人の吉三郎(中村隼人さん)を健気に追いかける、というお話。

こちらブログを読んで理解が深まりました。

壽 初春大歌舞伎/夜の部②松竹梅湯島掛額あらすじ | Lunaのブログ

2場面に分かれており、1場面目は笑いありの楽しい展開2場面目は雪の中の大マジな場面でした。ラストなんて泣きそうになってしまいました。

1場面目は、流行りのピクトグラムやAdoの「うっせぇ、うっせぇ」が出てきて、面白い

そうゆう流行も取り入れるところが歌舞伎らしいのかな。 

 

2場面目が大感動!!

吉三郎が処刑されてしまうので、お七が急いで雪の中で刀を届けに行くシーン。

お七が「火事騒動を起こして門を開けさせよう!」と櫓(やぐら)に昇る一連の流れが文楽(人形劇)風に演出されるのです。

すごかった!!!

黒子さんとか出てきて、お七(右近さん)がお人形のように操られるのだけど、

指先や頭がカタカタ動くところ、

首と胴体が微妙に別々に動く感じ、

お腹から下が綿でフニャフニャの感じ、

後ろを中心に吊られている感じ、

軽そうに梯子を登らされるところ(尾上さん自身は大きいのに)、

操られていない時の魂の抜けっぷり!!!!

すべてが文楽のようでした(文楽をちゃんと見たことないけど…笑)

 

特に恐れ慄くレベルなのは、お手紙を持つ流れ。

黒子さんがお手紙の準備をするのでお人形(お七)は放置されるのですが、その時の右近さんが、本当に魂が抜けた木の塊みたい!!

凄かったなぁ。。。指先が突然ふにゃふにゃなの。

うーん、凄かった。

あれは尾上右近さんがすごいのか、女形さんは誰もが習得する芸なのか…すごかったなぁ。歌舞伎すごいなぁ。

色んな役者さんの「お七」を観てみたくなってしまった。沼や。

 

やっとお七が櫓を叩いて門を開け、文楽のシーンは終わり。

元に戻ったお七が、歌舞伎独特の3歩進んで2歩下がるじれったい歩みで花道を進んでいくのだけど、もう吹雪が見えてくるレベル

風に吹かれてヨロヨロして、大切に刀を持ち直して進んでいく姿には、思わず頑張れ~!!!と泣いてしまいそうでした。

うーん、大変、楽しかった。

お七の付き人「お杉」の梅花さんも、私としては暖かさが見えて、素敵でした。

喜撰

こちらは、なぜ坊さんが踊り、お茶くみを口説いているのか…と思っているうちにイヤホンガイドの声の心地よさに一瞬、宇宙へ旅立ってしまいました。。。

大人数の生演奏!!リッチな時間だったなぁ。

舞台上に客席の数の半分いるのではないか、という大人数。

贅沢な時間でした…

宝塚は満席だけど歌舞伎は1席空き

歌舞伎はまだ座席が1席空きのようで…宝塚は満席なので驚きました。

千代田区と中央区の違いなのかな。

1席空き以外にも空席があって、客席も明るいので寂しい気持ちに。。。

それでも、通な方たちの笑い声が響いて楽しかったです。きっとここがアドリブなんだろうな~とか。

やはり生の舞台はいいな!!!

また松竹梅湯島掛額をやっていたら観に行ってみたいな~。

そして、今日はこれから雪組CITY HUNTER~♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました