劇団四季「ライオンキング」を観て①

観劇の感想
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

昨日、半分仕事でライオンキング再会初日を観てきました。

My観劇再開は宝塚で飾りたかったのですが(四季の世界の皆様ごめんなさい、ヅカヲタです)、

急遽ご命令いただけたので行って参りました。

(もちろん事前に体温、さらに血中酸素濃度を測りました)

「日本版は初!せっかくだから楽しもー!」とゆうノリだったのだけど、

 

開始30秒。

 

涙止まらず。。。



思い出しても泣けそうなのでブログ書きます笑。

スポンサーリンク

いざ観劇

開演を待つ間は、異様にシーーーンとしていました。

二階なんてシンバのお面?の展示があり、カサコソしか音がしないので美術館のよう。

私は客席で

「ほうほう、係員さんはゴーグルまでするのか、四季の対応はさすがやな。」

ぐらいで冷静に座っておりました。

 

開演時間過ぎ。

除菌剤がシュワーーーーっと撒かれて、コロナ禍を感じる。

私はその時も「除菌剤噴霧とはこのことか。ふむふむ。」ぐらいだったの!

 

もうね、やばい。

 

ライオンキングの始まりって、「アフリカの夜明け」みたいな感じじゃないですか。

あのメラメラとした巨大な陽が昇るやつ。

 

シーーーーンっとした中で、とんでもない美声で、

ッッッッナァーーーツベンニャーーーワワニチワー!!(歌詞は適当)

って始まり、

だんだん「エンニャーワー」とかコーラス入ってきて…

動物たちが集まってきて、

絶対やらないと思っていたんだけど、客席からゾウ出てきたの。

 

もうね、ゾウが見えた瞬間に、プチンと、何かが溢れた。

 

事前にクローズアップ現代の四季取材映像を見ていたんです。

↓これ

劇団四季 公演再開までの舞台裏 感染リスクとどう向き合う?【再起のヒント①】 - みんなでプラス - NHK
↑↑上をクリックすると動画が始まります(1分46秒)↑↑年間公演数 約3,000回、観客動員数 約300万人。日本を代表する演劇集団の「劇団四季」。新型コロナウイルスの感染拡大で、今年2月末から公演の...

この舞台が開くまでどれほどの苦労があったことか、とか。

連日テレビで「舞台クラスター」と言われ続けてる中で、

この方達は、どんな気持ちで舞台に立っているのかなぁ、とか。

客席のみんなは、どんな気持ちで今日を迎えたのかなぁ、とか。

色々頭の中をよぎったんです。

 

それで、ゾウの姿を見たら、

その雄大さ?

のっそりのっそり、でも、着実に朝日に向かって歩いてくる動物たち?

 

アフリカの夜明けと、このコロナの中でようやく幕が開いたことが重なって、

日本の演劇界に陽が昇ったぞーーー!!!

 

って感じで(※18:40公演です)、シンバを見る!

(すみません、「ムファサ」って書いてたけど、ここはシンバだった!)

もう何だかよくわからないけど、心がふるふるふる!って振動しちゃって。

自分でも、どうゆう涙なのかよくわからないけど、

涙がブワーーーって出てきました。

動物が生き生きとしている様子と、

役者さんのエネルギーみたいなものも重なるというか。

 

素人のくせに、こんなに泣いてるのやばいな、と思ったんだけど、

サーークルオブラーーーイフ〜♪ ドゥン!

からの拍手がすごくて


私だけじゃないよね、こんなに感動してるやつ…やっぱり異様な良い空気が流れてたよね、みんなぁぁぁぁ!

って勝手に心の肩を組んで、お前はだれ?っていう、涙を流しました。

あとは、久しぶりに劇場で拍手をしている、とゆう感覚にも、うれしくて涙が出た。

やっぱり生の舞台って


最高。

映像では、あのゾワゾワ感とか撮れないよ。

私、映像でゾウが出てきても泣かないよ。

生の舞台は、異様な空気がある。素晴らしかった。


知らない大勢の人が、同じ空間で何かを感じているとゆうことも、私が舞台を好きな理由。


まさに、そうだった。


宝塚を観てても、隣の人が、ズキュン!って何かを受け取ったんだろうな、みたいな瞬間とか、こっちまで、ウハッ♡ってなる感じとか。

ほんとすき。

とここまでが、単純に観劇中の感想でした。

まだまだ書きたいことがあるので、②を、また書きます。笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました